外人だらけの風俗店に潜入

お金が戻ってきたので風俗に

割と前もって計画するタイプなんです。だから旅行にしても結構先にお金を振り込むんですけど、最少催行人員に達しないってことで返金されたんですよ。てっきりそんなことを忘れていたので、銀行口座にお金が入っていたのを見て、数字だけを見て全然分かりませんでしたけど振り込み内容を見て納得と言うか、これなら自分で使っても問題ないお金だなって確信しましたので風俗に行ってきました(笑)風俗なら旅行に勝るとも劣らないくらい楽しめるだろうって思いもありましたし、丁度その頃欲求不満気味でもあったのでこれはもうソープしかないだろうって。ソープは風俗の中でも特別な立ち位置にあると思うんですけど、ソープで遊んでみてとっても面白いなって思ったし、それに結構可愛い子だったんですよ。こんな女の子が自分のためにここまでのことをしてくれるのかって思ったら、性的な意味での満足感だけじゃなく、感謝とかいろんな気持ちが芽生えてきたんですよね(笑)

むしろ風俗こそ…という話

風俗の存在がありがたいというよりも、むしろ本命というか風俗さえあればそれで良いんじゃないかなと(笑)恋人という存在はメリットも多数あると思いますけど、逆にデメリットというか、やっぱりいろいろとどうしてもしんどいなって思うことと言うか(苦笑)性欲を満たせるのは間違いないんですけど、その「満足」を手に入れるためには常日頃から自分の見や時間を削るなどリソースの多くを回さなければならないですし、じゃあそこで得られるものが自分の理想そのものなのかと言うと、それもまた違うじゃないですか(苦笑)でもそのために頑張っているって人も多いと思うんですよ。だってそうじゃないと性欲を満たせないじゃないですか。性欲とは本能そのものだと思いますので、そこにこだわるのも良く分かるんですけど、自分はそんなことに疲れたと言うか、風俗があれば余計なことに気を使う必要もありませんので、それで十分なんじゃないのかなって思うようになったんです。